一枚のCD

聴くと苦しくなってしまう音楽が多い中、アイロンがけをするのに合わせて
久しぶりにCDを数枚選び直してみたら目についたCDが。。。

聴いてみると、
もうかなり前の自分の選択や過ごした時間みたいなものが
「あぁ、間違っていなかったんだなぁ」という思いが
うわぁ~っと押し寄せて・・・


正解とか間違いというものはないとわかっていても、
あの時なぜそれを選んだのだろうかと、しょうもないことを思ったりもするわけで、
後悔なんて全然ないハッピーな時間や
私は、ちゃんと欲しいものを手にしていたんだなという喜びみたいな
そして、時間が経ってもそれは色褪せてなくて、
さらに輝きや艶を増していったことが嬉しくてアイロンの手が止まりました。

わけわかんないよね~。
なぜかこの時期古い記憶とか古くからの関係に触れる機会が増えています。
みんな亡くなった近い人や過去を思い出す時期だからかなぁ。