不老長寿のサプリメント

100歳まで生きられる不老の遺伝子を動かす物質が入っているとか。。
入っているか、入っていないかとか、100まで生きられるか、生きられないか・・・というのは
どっちでも良いのだけど、そのサプリメントは飛ぶように売れたとのこと。

そんなに生きたいのかな??と思った。

“生きる”ということがどういうことなのか教えていただいて、
数年前より遥かに生きている実感はあるけれど
それでも、それだから?“生きる”って大変だと思う。

でも、自分の死というものを感じていないから
こんなことを言っていられるのかもしれないし、
死というものが見えたら、もっと生きたいと思うのかもしれないし
生きるということが素晴らしく、喜びに満ちているものだということが
もっともっと感じられたら、ずっと生きていたい、長生きしたいと思うのかもしれない。

でも、わたしは長生きなんてしなくても良い。
濃く短く、やることやって満足したら終了でいいと今は思っている。

100歳まで生きて欲しい人に送ろうかしら。このサプリメント。
絶対効くから!と行って飲ませ続けたら100まで生きてくれるかな?

「いらん。」と言われそうだな。

自分は早死にでも良くて、相手には長生きして欲しいというのは
おかしな話だよね~。
まあ、まだ死ねません。