会いに来てくれた・・・

セッションの終盤、気がつけばふるさとが流れていて
お母さんのエネルギーが。

ふみちゃんのお母さん。

お母さんが亡くなってからも何度もセッションしていたけれど
あれから、初めてリアルにお母さんを感じた。

「まったくしょうがないわねぇ~」と笑いながら
ふみちゃんにも、私にも言っているような気がして泣いた。

終わった後、久しぶりにたくさん話をした。
病床で吹いたあの時の演奏が、一番満たされていたこと、
私は、こうやって笛が吹けることで充分満足だと思ったこと、
それを同じ想いで分かち合ってくれる人がいることが
再確認できて本当に嬉しかった。

帰り際に、ふみちゃんから渡されたのは、
お母さんが私のCDを聴きながら編んでいたというアクリルたわしと写真。

なんだ、今日は最初から来ていたのね・・と笑った。
いろいろなことを思い出させていただいた日。

ありがとうございます。

DSC00390