何にも抗うことなく

私が死んだら、遺骨は○○の海に撒いてねと
数年前に娘にお願いしたのだけど、
海に舞う砂になった骨のように、
風が吹けば、風に乗り、
風が止めば、地に降り立ち、
また風が吹けば、風に乗り、
何にも抗うことなく、
降り立つところに不安を持つこともなく
飛び立つことに恐れを抱くことなく
手放すものに未練をもつことなく、
ただただ来た風に乗れる身でありたいと
思う今日です。
幸あれ!