消えた恐怖感

数年前までは地震だけではなく、色々なものに怖さを感じていたけれど
恐怖感というものがだいぶなくなっているなぁと思いました。
死ぬときは死ぬだろうし、どんな中にいても、死なないときは死なないだろうし・・・
という楽観的な気持ちのほうが大きくなっています。

もし、ここに住めなくなったら、土地を移ればいい。
日本で暮らせなくなったら、他の国へ行けばいい。
世界は広いのだから。

だから、どこに行っても生きていける私になろうと強く思ったのでした。

この地震と津波で見せてもらった現実は、ちっぽけな欲を洗い流してくれたように思います。

海外の空気を吸いたくなっちゃったなぁ~。