美しい花嫁の父

挙式当日の花嫁さんは皆さん光輝いているのですが、
今日出会った花嫁さんは、ひときわキラキラした光を持った方でした。
花嫁さんに目が向くのは普通にあることなのですが、今日は新婦のお父様が気になりました。
笑顔でおどけながら、なんともないように言葉をかわしているものの、
心の内は大号泣で、ちょっと突いたら今にも泣き崩れてしまいそうに見えました。
「嫌だ、嫁になんか行かせたくない、わかっちゃいるけど嫌だ」と叫んでいるようでした。
こちらが涙が出そうで、抑えるのに必死でした(笑)。
おめでとうございます・・と声を掛けられても、言葉や態度には出さないものの
「めでたくなんかない」という返事がひしひしと伝わってきました。
娘を嫁がせる父親の同じような気持ちは、良く聞きますが
今日は、親子を越えた恋人というような存在が離れていく淋しさみたいなものを感じました。
今夜ひとりになった時、すべてを涙と流し
また新しい明日を向えてほしいなと思います。