1年

いつも見守ってくださりありがとうございました。
怒濤の一年でした。
迷った時は、『これで良いのですよね?』と、いつも問いかけていました。
忘れたことはありません。
今日は貴女の事を想うと涙が止まりません。

一年前、貴女がいなくなった部屋を片付け、
今年は、使わなくなったいくつもの部屋を片付けてます。


昨年に引き続き、今年も行けなかったけれど、
時が来たら、伺います。
いつでも会えるけどね。
ありがとうございます。